XMって実際どう?口コミや評判からわかりやすく解説のアイキャッチ画像

XM

XMって実際どう?口コミや評判からわかりやすく解説

更新日:

XMはどういう会社なの?

XMはどういう会社なの?のアイキャッチ画像

会社概要は正式名称はTradexfin Limitedで、本社所在地は1F20, 1st floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychellesです。

事業開始日は2009年で10年目になり、資本金は未公開で従業員数は180名以上で支社を含むと200名以上になります。

ライセンスはFSA/Seychellesがあり、サポートは対応言語数が22カ国語です。

XMが選ばれる理由

XMが選ばれる理由のアイキャッチ画像

XMが選ばれる理由①業界トップクラスのボーナスを提供

ボーナスはマイクロ口座とスタンダード口座では、新規口座開設者に対して3000円のボーナス付与があり、証拠金として使えて入金不要で取引が可能になります。

ボーナス自体の出金は不可能ですが、トレードによる利益はすべて出金可能なため初期費用なしで取引が可能です。

しかし、口座開設時に公式サイト内で「ボーナスの受取を希望します」にチェックを入れ忘れるとできないことや、スタンダード口座とマイクロ口座のみに対応するためセロ口座では対象外になります。また、キャッシュバックサイト経由でも対象外になり、公式サイトから申し込むことが必要です。

最大50万円の入金ボーナスは二段階性で、入金した額の最大5万円までは100%の入金ボーナスで5万円を超える場合は都度20%の入金ボーナスが上限45万円まで付与される仕組みです。

45万円のボーナスを受け取れる金額は225万円になり、少額入金を繰り返しても可能で合計入金額が5万円なら有効証拠金が10万円、50万円なら64万円、100万円なら124万円、300万円なら350万円になります。

しかし、複数の口座や追加口座を作れば良いわけでなく、ユーザーのアカウントごとになります。また、出金の際にも残高の出金額に応じてボーナスも消滅し、残高に対する出金の%と同割合の%ボーナスが差っ引かれる仕様になるため注意が必要です。

一度消滅したボーナスは復活しないため、出金のタイミングは慎重に行うことが求められます。取引で損失が出れば残高から先に相殺される仕組みになり、残高がマイナスになればボーナスが自動的に相殺される仕組みです。

ゼロカットが執行されるタイミングはボーナス相殺後で、されれば残高もボーナスクレジットも0になります。
90日間利用していないと休眠口座になりボーナスがリセットされ、禁止事項違反や不正が発覚すると口座は永久に凍結されます。

XMが選ばれる理由②最大レバレッジ888倍!ゼロカットシステムで追証なし

XMの最大レバレッジは888倍にする方法がおすすめで、口座を作る時に設定すると効果的です。
基本的に、レバレッジが高いと少ない証拠金で大きなポジションを持って、国内FXの最大レバレッジ25倍の28分の1の必要証拠金で同等のポジションになります。

海外FXは国内と比べればレバレッジが高めですが、平均で400~500倍で888倍にするとかなり高めです。少額の資金で始める時は高めのレバレッジにすると資金効率が良く、積極的にトレードができます。

レバレッジを888倍に設定した場合は必ずしもそのポジションを持つ必要がなく、実効レバレッジがありポジション保有額から有効証拠金で割り出して算出します。このため、必要証拠金が5万円でポジション保有額が100万円であれば20倍になり、必要証拠金に対してポジション量をコントロールすればどのレバレッジでも取引が可能です。

しかし、感情をコントロールできない場合はフルレバレッジ勝負をしがちで、リターンが大きくても含み損も多くなります。

XMはゼロカットシステムを採用し、口座残高がマイナスになってもその分をXMが肩代わりしてくれます。このため、マイナスになっても借金を背負うことはなく安心して取引ができ、口座レバレッジを高くすると強制ロスカットをされづらくなります。

XMが選ばれる理由③バリエーション豊かな通貨ペア・CFD銘柄

通貨ペアは57種類あり、マイナー通貨やエキゾチック通貨にも対応し一覧表に記載されています。

CFD銘柄はコモディティ商品やエネルギー商品があり、それぞれ8種類と5種類の取り扱いです。

現物CFDは仮想通貨のみで、ビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルの5種類があります。

貴金属はゴールドとシルバーがありFX商品と同様に最大で888倍のレバレッジをかけることができ、株価指数は通常の株と比べて少ない金額で投資できて18あります。

このように、FXだけでなく様々な商品を取り扱っているため、他の投資に興味があれば試しやすいことが魅力です。

XMが選ばれる理由④抜群の約定力!

トレードをする時は約定力が高いと安心して取引ができ、スリッページなどの隠れコストを左右する重要な要素になります。

約定力の高さはTwitterなどから利用者の評判を知ることが可能で、海外FX業者は資本投資をするため高いですが国内FXの業者はツールに力を入れる傾向が強いようです。
また、約定拒否や出金拒否などの資金トラブルがなく、資産をガッチリ守ってくれています。

しかし、約定力の高さはメリットだけでなくデメリットもあり、内容を把握して取引を行う必要があります。

デメリットは、ワイドスプレッドや最低指値幅などに制限があることやレバレッジが規制される場合があり、顧客の注文価格を一旦確定させてマーケットにて決済を行なうために確定させた価格と実際にマーケットで決済された価格にズレが生じる場合があるため注意が必要です。
また、政治的なイベントや経済リスクなどで相場が大きく変動するタイミングでは、レバレッジが100倍で低くなれば25倍に制限されます。

XMは注文の処理方法が他の会社とは違うため約定力が高くなり、顧客の注文はサーバー集められて即時注文決済されて社内のマーケットで相殺決済が行われ、しきれなかった分を社外のLPに注文を出す仕組みになっていることが要因です。

XMが選ばれる理由⑤入金手数料は無料!口座反映も迅速

入金手数料は国内銀行送金、クレジットカード、bitwallet、STICPAYの4種類がありますが、条件を満たせばどの方法でも無料になります。

国内銀行送金は1万円未満であれば980円かかり、bitwalletとSTICPAYは口座入金の際に発生しますがそれ以外は不要です。

最低入金額は銀行口座送金は1万円で、VISAやMaestroのクレジットカードの場合は500円ですがゼロ口座の場合は1万円、JCBのクレジットカードは1万円です。

口座反映時間は国内銀行送金は銀行営業時間内に限り60分以内ですが、別の方法は即時になるため便利です。

XMが選ばれる理由⑥手厚い日本語サポート

日本語サポートは海外FXを利用するために使いやすくないと不安ですが、XMでは日本人オペレーターが日本語で対応するため安心できます。

問い合わせの方法はメールや電話、サポートチャットなどがあり、バックオフィスやITスタッフは24時間365日トレード環境を監視してバックボーンに障害が出ないよう万全の体制を備えています。また、損失が出れば履歴の修正を迅速に行い、不利な障害が出ないように努めています。

世界中のFX業者において、24時間日本語サポートを常時実施する会社はXMしかなく、日本人のお客様を非常に重要視してサポートを行っている証拠です。

日本語サポートデスクはメールや電話、FAX、日本語ライブチャットの4つの方法に対応し、営業時間は夏時間は日本時間で平日の15時から23時で冬時間は16時から24時と時差があるためズレます。

このように、日本語サポートの品質が良くて安心して取引ができ、初めて海外FXに挑戦する時に利用すると便利です。

XMを利用するにあたって気を付けるべきこと

XMを利用するにあたって気を付けるべきことのアイキャッチ画像

XMを利用するにあたって気を付けるべきこと①スプレッドが広め

XMのスプレッドは国内FXの業者と比べると広くなり、レバレッジは最大で888倍で追証なしです。

スプレッドとは基本的に売値と買値の差のことで、通貨ペアごとに異なりますが2倍から6倍まであります。

XMのスプレッドは国内FXの業者と比べれば非常に高くなり、利益も損も大きくなるためリターンが大きくて一獲千金を狙いやすい反面、大損をするリスクもあるため注意が必要です。

このため、初心者で損をすることを避けたい場合は少額の資金で取引を行う方法が望ましく、経験を積んでから増やすようにする必要があります。

XMを利用するにあたって気を付けるべきこと②信託保全がない

海外FX業者を利用する場合は、もし倒産してしまえば口座の資金がどのようになるか事前に確かめずに利用して倒産してしまえばすべて失ってしまうこともあります。

基本的に、国内FXの業者は信託保全が義務化され、万が一業者が破綻しても証拠金や利益はすべて返還されるため安心できます。
しかしながら、XMの場合はキプロス法人とセーシェル法人で管理の仕方が異なり、事前に確認してから資金を預ける必要があります。

XMは信託保全ではなく分別管理のため、仕組みを把握しないと逆に大損をすることもあり、口座を作る前に確かめてから申し込むことが重要です。

2016年から日本人が作る口座はキプロスではなくセーシェルに作った法人に開設されることになり、2万ユーロまでの信託保全を受けられなくなってしまいました。

資産の扱い方は以前はキプロスにあり必ず投資家補償基金ICFに加入する義務があり信託保全されていましたが、セーシェルに移転すると義務がなくなり日本人向けの口座は分別管理のみに変更されました。しかし、管理先はバークレイズ銀行で運営資金とは分別して保管され、イギリス四大銀行のため安心です。

公式サイトのよくある質問に「お客様のご資金は当社が用意する銀行口座へ移管され、分別管理されます。こちらの資金は当社の貸借対照表に含まれず、当社清算時に債権者への支払いに充当されることはありません。」と記載されています。

信託保全こそ行っていませんが、顧客の資金を守るためAIGの保険に加入し全体で最大100万ドルまでカバーされていることが特徴です。

総合的なXMの特徴まとめ

総合的なXMの特徴まとめのアイキャッチ画像

海外FX業者を選ぶ時にXMにするメリットは以下のような内容があり、総合的に優良な会社として信頼されています。

運営歴は10年で新規口座開設数は2018年の時点で100万を突破していることや、安全性が高く入出金のトラブルがないことです。また、約定力が高くて出金拒否の噂を聞かないことや口座反映時間が短く、手数料もかからなくて少額の資金で始めることができます。

他にも入金ボーナスやキャンペーンなどが豊富で初期費用なしで取引が可能で、ボーナス自体は出金ができませんが利益を出せば可能になります。

更に日本語サポートが充実して24時間365日対応し、メールや電話、ライブチャットなど好みに合わせて使い分けることができます。日本語サポートは初心者が取引を行うための疑問点があれば手軽に聞きやすく、トラブルが起きても修正してもらえることや不正に対して罰則が厳しくて安心です。

国内銀行送金やbitwallet入金にも対応していることや口座反映時間が非常に早く、海外FX業者にありがちな遅れなどのトラブルを防げます。

取り扱っている通貨ペアの数が豊富で、CFD銘柄はで業界NO.1の品ぞろえなど幅広く対応でき、レバレッジも高いので一獲千金を狙いやすいことや、ロスカット水準が20%以下と優秀な業者と言えます。

海外FX業者を選ぶ時はこれらのメリットをうまく生かして利益を出せるようにすることや、不安があれば日本語サポートもあるため気軽に相談すると様々なことを教えてもらえて安心できます。

XMの口座開設はこちらボタン

-XM

Copyright© XMTradingの秘伝の書 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.