XMの仮想通貨・ビットコイン取引についてのまとめのアイキャッチ画像

XM

XMの仮想通貨・ビットコイン取引についてのまとめ

更新日:

XMで取引可能な仮想通貨・ビットコイン

XMで取引可能な仮想通貨・ビットコインのアイキャッチ画像

XMの仮想通貨取引は、一時停止していましたが2022年5月にリニューアルして再開されました

以前と比べて、最大レバレッジが5倍から250倍にアップする、取り扱い銘柄が増えるなどバージョンアップしています。

今回は、新しく生まれ変わったXMの仮想通貨について、徹底解説していきます。

XMで取引できる仮想通貨はコレ

XMで取引できる仮想通貨は、以前は5種類だけでしたが、現在では31種類に大幅に増えました。

<XMの取扱い仮想通貨一覧>

  • AAVE/USD(アーベ/米ドル)
  • ADA/USD(エイダコイン/米ドル)
  • ALGO/USD(アルゴランド/米ドル)
  • AVAX/USD(アバランチ/米ドル)
  • AXS/USD(アクシーインフィニティ/米ドル)
  • BAT/USD(ベーシックアテンショントークン/米ドル)
  • BCH/USD(ビットコインキャッシュ/米ドル)
  • BTC/EUR(ビットコイン/ユーロ)
  • BTC/GBP(ビットコイン/英ポンド)
  • BTC/USD(ビットコイン/米ドル)
  • COMP/USD(コンパウンド/米ドル)
  • ENJ/USD(エンジンコイン/米ドル)
  • ETH/EUR(イーサリアム/ユーロ)
  • ETH/GBP(イーサリアム/英ポンド)
  • ETH/USD(イーサリアム/米ドル)
  • FET/USD(フェッチAI/米ドル)
  • GRT/USD(グラフ/米ドル)
  • LINK/USD(リンク/米ドル)
  • LTC/USD(ライトコイン/米ドル)
  • MATIC/USD(ポリゴン/米ドル)
  • OMG/USD(オーエムジー/米ドル)
  • SKL/USD(SKALE Network/米ドル)
  • SNX/USD(シンセティックス/米ドル)
  • SOL/USD(ソラナ/米ドル)
  • STORJ/USD(ストージ/米ドル)
  • SUSHI/USD(スシスワップ/米ドル)
  • UMA/USD(ユニバーサルマーケットアクセス/米ドル)
  • UNI/USD(ユニスワップ/米ドル)
  • XLM/USD(ステラルーメン/米ドル)
  • XRP/USD(リップル/米ドル)
  • ZRX/USD(ゼロエックス/米ドル)

 

仮想通貨を知っている人なら「ああ、コレね」と頷いてしまうような王道コインから、いわゆる草コインまでピックアップされています。

ビットフライヤーとはどう違う?

XMで仮想通貨の取引がおこなえると聞くと、ビットフライヤーなどの販売所との違いが気にかかることもあります。

ビットフライヤーは、仮想通貨を販売しているネット上の店舗で、円を持っていき必要な分の仮想通貨と取り換えてもらうことができます。

これに対してXMは、あくまで商品の一つとして仮想通貨を取り扱っています。

実際に仮想通貨そのものを買うのではなく「仮想通貨のFX取引による、差額を得ることができる」場所になります。

仮想通貨を保持せずに、安いときと高いときの差額だけを得られるので、ユーザーの負担は少なくなります。

「仮想通貨に触れたい。けれどもリスクは減らしたい。」そんな人にもおすすめです。

口座開設はこちらボタン

XMの仮想通貨・ビットコイン取引のメリット

XMの仮想通貨・ビットコイン取引のメリットのアイキャッチ画像

XMで仮想通貨の取引をするメリットを紹介していきたいと思います。

<XMの仮想通貨取引のメリット>

  1. 27種の仮想通貨、31種の通貨ペアが取引可能
  2. 最大レバレッジは250倍
  3. 手数料なし!いつでも無料
  4. ゼロスワップで長期保有しやすい
  5. 週7日24時間、365日取引が可能
  6. ゼロカットシステム採用で、追証なし
  7. MT4・MT5ですべての商品が取引できる
  8. 口座開設ボーナス、入金ボーナスも適用

 

1. 27種の仮想通貨、31種の通貨ペアが取引可能

XMで取引できる仮想通貨は、先述した通り27種類で、通貨ペアは31種

以前は、以下の5種類だけだったことを考えると、大幅に増えて選択幅が広がりました。

  • BTC/USD(ビットコイン/米ドル)
  • BCH/USD(ビットコインキャッシュ/米ドル)
  • ETH/USD(イーサリアム/米ドル)
  • LTC/USD(ライトコイン/米ドル)
  • XRP/USD(リップル/米ドル)

2. 最大レバレッジは250倍

基本的に仮想通貨の取引は、かけられるレバレッジが低い場合がほとんど。

XMでも以前は5倍までと物足りませんでしたが、今回のリニューアルで250倍までにアップ

ただし、銘柄によって最大レバレッジは異なります。

最大250倍までかけられるのは、ビットコイン(BTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)・イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)・ライトコイン(LTC)の5つ。

その他は、最大レバレッジ50倍となります。

3. 取引手数料なし!いつでも無料

FX会社の中には、仮想通貨の取引で一定の料金が発生する所もあります。

対してXMの良い点は、ビットコインや他の仮想通貨の取引で手数料がタダだということです。

手数料が無料だということは、それだけ柔軟度の高い投資がおこなえるということ。

手数料をいちいち気にしながら動かなくても良くなるので、しなやかな投資が実現できるようになります。

4. ゼロスワップで長期保有しやすい

仮想通貨の取引においてスワップは、ポジションを保有しているだけでかかってしまう手数料を意味します。

XMの場合は、取引手数料に加えて、このスワップ手数料も無料

中長期保有でも手数料がかからないので、余計なコストをかけることなく、戦略もたてやすくなります。

5. 週7日24時間、365日取引が可能

XMの仮想通貨取引は、週7日24時間取引が可能になりました。

例外は、週末(毎週土曜日の16:05~16:35)で、サーバーのメンテナンスのため取引ができなくなります。

それ以外は365日いつでもトレードができるので、「平日が仕事で・・・」という人も週末ゆっくり取引ができますね。

6. ゼロカットシステム採用で、追証なし

XMの仮想通貨は、最大250倍のレバレッジで取引ができます。

レバレッジは少ない証拠金で大きな取引を可能にしてくれるため、大きく儲けるチャンスであると同時に、大きく損するリスクもあります。

こうしたリスクを最小限に抑えてくれるので、XMで採用しているゼロカットシステム

ゼロカットシステムを採用していれば、自分が投資した以上の損失をカットしてくれるので、「追証」が発生しないので安心です。

XM004_ゼロカットシステム説明画像

XMのゼロカットシステムの詳細はこちら▼
XMのゼロカットシステムで追証がなしに!?

7. MT4・MT5ですべての商品が取引できる

XMでは、FX通貨ペアや仮想通貨だけではなく、貴金属、エネルギーなどの豊富な商品を取り扱っています。

これらすべての商品は、ひとつの取引プラットフォームにてトレードが可能です!

XMで採用している取引プラットフォームは、海外FXトレーダーならお馴染みのMT4とMT5

改めて操作を覚える必要もなく、「FX通貨ペアも仮想通貨も・・・」といくつかの商品を同時に取引しているトレーダーも面倒なくスムーズにトレードできます。

8. 口座開設ボーナス、入金ボーナスも適用

XMには、や「入金ボーナス」など充実したボーナスが用意されていますが、仮想通貨取引でも適用されます。

仮想通貨取引でももらえるボーナスは以下の通り。

  • 口座開設ボーナス
  • 入金ボーナス

「口座開設ボーナス」は、新規で口座を開設したすべての人に3000円が付与されるボーナス

入金しなくても口座を開設するだけでもらえるため、「まずはお試しで」という初心者もリスクゼロでトレードが始められます。

「入金ボーナス」は、入金500ドルまでは100%、それを超えた分も20%のボーナスが付与。

上限に達するまでは何度でも適用され、最大で5000ドルまで受け取ることができます。

口座開設はこちらボタン

XMの仮想通貨・ビットコイン取引の注意点

XMの仮想通貨・ビットコイン取引の注意点のアイキャッチ画像

ゼロ口座で仮想通貨は取引できない

XMには、3つのリアルトレード用口座が用意されています。

選べるリアルトレード用の口座

  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • ゼロ口座

「マイクロ口座」は、小さな単位の取引もできる初心者向けの口座。

「スタンダード口座」は、最も人気のある定番の口座で、バランス良く初心者から上級者までおすすめできる口座です。

「Zero口座」は、スプレッドの狭さに特化した口座で、スプレッドが狭い分、別で取引手数料がかかります。

XMの口座タイプの詳細はこちら▼
XMの口座タイプについてのまとめ

XMで仮想通貨を取引できるのは、「マイクロ口座」と「スタンダード口座」だけで、「ゼロ口座」では取引できません。

XMでは、ひとりにつき8個まで口座を開設することができるので、仮想通貨を取引したいトレーダーは「マイクロ口座」か「スタンダード口座」も開設しておきましょう。

日本円との通貨ペアがない

XMの仮想通貨取引は、米ドル(USD)、EUR(欧州ユーロ)、GBP(英ポンド)の3つの通貨ペアのみ。

日本円絡みの通貨ペアはありません。

このように記述すると「ドルなんて、持っていないし・・・」と不安になる方も多いのですが、日本円からドルへの交換はXMが請け負ってくれます。

わざわざ自分でドルやユーロを用意する必要はないので、あまり気にしなくて良いでしょう。

両建てはOK!ただし、必要証拠金50%が発生

XMの仮想通貨取引では、同じ口座内であれば両建ては禁止されていません。

ただし、仮想通貨で両建てをする場合は、片方のポジション分の必要証拠金(50%)が発生します。

つまり、売りポジション1ロット・買いポジション1ロットを両建てしていても、相殺されることなく1ロット分の証拠金は発生するので注意しましょう。

XMでの仮想通貨・ビットコイン取引まとめ

XMでの仮想通貨・ビットコイン取引まとめのアイキャッチ画像

XMの仮想通貨取引は、2022年にリニューアルされ、大きくバージョンアップしました。

通貨ペアが31種類に増え、最大レバレッジは250倍にアップ!

長期保有でも手数料のかからない「ゼロスワップ」や、平日も週末も問わず365日いつでも取引が可能など、トレーダーに嬉しい条件や環境が提供されるように。

さらに、「ゼロカットシステム採用」や「充実のボーナス」などのXMが本来持つメリットも適用されるため、リスクを抑えてお得にトレードをすることができます。

XMに限らず仮想通貨自体が、価格変動が大きく不安定な要素のある商品です。

だからこそ、安全で実績ある取引所でトレードすることが大切。

XMは、2009年創業の10年以上の実績ある業者であり、日本での人気・知名度はNo.1です。

仮想通貨の取引にはリスクがあることを理解した上で、リスクを抑えた環境と条件で取引するようにしましょう。

企業自体の実績や安全性に加えて、今回のリニューアルでハイスペックに生まれ変わったXMがおすすめです。

口座開設はこちらボタン

-XM

Copyright© XMTradingの秘伝の書 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.